優しさが生むlose-lose

 

けーじゅです。

 

 

最近バイト始めました。

 

 

縁があって、学生ながら会社でアルバイトさせてもらってます!

 

 

「やりたい!」と伝えると面接もなしに働くことになりました。

本当にありがたい!!

 

通販の会社宛てなんですが、ボクは右も左もわかりません。

 

 

今はお金をもらって、勉強させてもらっているという段階です!

早く抜け出さなければ……

 

 

全部素直に思います。

 

 

「よく今日のバイトは楽だった〜。ラッキー。」

「店長がシフト入れってうるさいんだよ」

 

 

みたいな愚痴がありますよね。

 

 

 

ボクは一切ないです。

 

 

 

なぜなら、本当によくしてもらってるから。

 

 

いっぱい働いて力になって、早く同じ立場で仕事がしたい。

ゆくゆくはバイトながら社員さんよりいい成績残したいわけですよ。

 

 

社員さんはみんないろんなことを教えてくれます。

 

仕事のこと

働くにあたっての心構え

就活の話

結婚の話 などなど。

 

 

その優しさがうれしい。

 

でもボクはお腹いっぱいになっちゃうんですよ。

 

 

たっくさん話を聞かせていただくんで、頭の中で整理できず、相槌を打ってるだけみたいな時があります。

 

 

すごく申し訳ない。

ただ集中力の問題なんで、ある程度仕方がない。

 

 

相手にも仕事や昼休みの時間を割いてもらってる。

ボクも早く仕事しなければいけない。

 

 

lose-loseになってしまってるんです。

 

 

どうにかしたい。

 

 

ボクが「うん、うん」、「はい、はい」言ってるばかりに中々終わらないんですよ〜

 

 

解決方法は2つ。

 

①時間を見る

 

昼休みとか。

 

「あっ!もうこんな時間ですね。そろそろ行きますか」

 

 

②仕事会話を振る

 

「〜〜〜なんだよ。」

 

「そうなんですね。ほんと〜〜〜は気をつけます。あっ、ここなんですけど、これであってますよね!」

 

「あってるよ〜!」

 

「ありがとうございます?ガンガンやってきます!」

 

 

 

質問はなんでもいいです!

ただ、これは話広がっちゃうなってやつはNG。

お互い時間があるときに話した方がいいですよね!

 

 

 

割とみなさん「優しさが生むlose-lose」経験されてるんじゃないでしょーか。

 

 

実践あるのみ!

 

 

では!

最後まで読んでいただきありがとうございました?